YG性格検査WORLD


図書紹介
YGテスト入門,YG性格検査の書籍
人事担当、管理職に
オススメ

12.YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)による適性診断

企業の採用試験時には、面接を含めて筆記試験が行われていましたが、高度成長期が終わり、人材採用は少数精鋭となり、採用した人材が成果を出してくれる人なのか、人材採用時の大きな課題になってきています。人材採用時の「ミスマッチの防止」、「求める職種にふさわしい人材か」の選考段階では適性を第一に考えなければなりません。ここに、YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)が広く活用される適性検査になる理由もあるようです。


(1) 人物像が浮かび上がる

YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)は、通常、「YGテスト」と呼ばれています。適性検査としては、人材採用時だけでなく、組織内の人事異動に社員を適材適所に配置できるかという人事担当者の人財の把握のために適性検査が活用され、適材を選考する重要な判断基準の一つとしてアセスメントツールと呼ばれています。YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)は、プロフィール表と呼ばれるグラフに人材の性格が投影されるところです。人事担当者が少し、YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)を勉強されると(わかりやすいYGテストの指導書があります)、人材の人物像が浮かび上がり、どの職種にふさわしい人材であるか一目でわかるようになる点です。


(2) 行動科学による適材適所の判断

人事担当者が、YG性格検査から人材の人物像をイメージできるようになることは、人材の社内での行動特性を観察することでより精緻なものに学習ができます。どのような近代的な適性検査であってもその人材の適性を分析し、確定するのは100%難しいのです。YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)は、80%台の確実性があるといわれています。その人材の社内での観察を通して、プロフィール表の人物像のイメージと照らし合わせることにより適材適所の適性の予測をすることが可能です。
YG性格検査(矢田部ギルフォード性格検査)は、行動科学としての側面から適材適所の判断を 評価することがしやすい適性検査として注目されています。

   

ウイズダムマネジメント 長谷川好宏)